美容外科のワキガ治療は様々なものが開発されていますが、手術によって臭いの原因となる脇の下のアポクリン腺や汗腺を取り除く方法が最も確実性が高い方法といえます。

しかし、ワキガ治療の手術ではメスを使って脇の下を大きく切開する必要があるので、術後に痛みなどの後遺症が続いたり、傷跡が大きく残ったりするなどのリスクも小さくありません。


ワキガの手術に対して、近年、より安全にワキガの原因となるアポクリン腺や汗腺を取り除ける美容外科の治療法として普及しているのが「超音波吸引法」という施術です。
超音波吸引法は、超音波による波動(振動)によって汗腺やアポクリン腺を破壊した上で、それらを強力な吸引器で根こそぎ吸い取る治療法で、メスで大きく切開せずに皮膚に開けた小さな穴から金属製の細い管(カニューレ)を入れて超音波の照射と吸引を行うので、痛みが小さくて術後の傷跡が目立ちにくいのが特長といえます。


以前は、この方法では汗腺・アポクリン腺を完全に除去できないことが多かったのですが、近年は効果的に汗腺・アポクリン腺を破壊・吸引できる機器が開発されており、施術の精度が大幅に向上しているので、完全に除去することも難しくなくなっています。



また、マイクロファイバースコープを導入して取り残しの有無を確認しながら徹底的に取り除いてくれる美容外科もあります。
このように、超音波吸引法は安全にワキガの解消を目指せる治療法として普及しつつありますが、クリニックによって使用する機器の性能や施術者の技術レベルにバラつきがあるのが実情なので、実績豊富で信頼のおけるクリニックで施術を受けることが大切です。

わきが多汗症治療のクリニックを初めて利用する方へ知っておいて欲しい基礎知識やオススメ情報をお教えます。

なお、最近は、無料保証制度を設け、超音波吸引法の施術後に十分な成果が出ない場合や何らかのトラブルが発生した場合などに無料で再び施術をしてくれるクリニックもあるので、こうしたところを選ぶことをお勧めします。