ファイルメーカーを使う理由

###Site Name###

TOP > ファイルメーカーを使う理由

ファイルメーカーは古くからあるデータベースアプリですが、自作アプリを作りやすい環境が整っており、高い評価をうえています。
特にMac、Widnows、IOSと区別なく動かせる実行環境をに評価が集まっています。

ファイルメーカーのEC2に関する情報に追加しています。

ファイルメーカーの実行環境は基本的にはファイルメーカーが必要になるのですが、IOS環境については専用アプリがアップストアに掲載されており、ダウンロードすればiphoneなどにファイルメーカーがインストールされた状態になります。



実際の実行アプリは適時送り込んで実行できますし、ipad、iphone区別なく同じ実行ファイルが使えるのもメリットです。データベースの開発環境においてモバイル対応はあまり進んでおらず、ファイルメーカーは一歩先ゆく環境となっていますが、PCやMacでの動作環境においてもWEB対応も進んだことで利用が活発担ってきています。


web対応についてはサーバ版が必要となりますが、PCやMacが比較的遅めの機種でも動かせる事、同時アクセスにも対応することでwebサービスとしての利用も可能になっています。

また、アプリで作ったデータについては内蔵されているデータベースに保存することもできますし、ODBCなどを利用して他のデータベースにリアルタイムに書き込んだり、とり込んだりすることもできます。



これらの作業は難しいプログラム言語を利用するのではなく、簡単に使えるスクリプトで実装できるのも特徴となっています。